Adept2をUbuntuにインストールする方法

DIGILENT社が公開しているFPGAコンフィグレーションソフト「Adept2」のインストール方法と、それを使用したコンフィグレーションの方法をまとめます。

インストール方法

はじめにDIGILENTのホームページよりソフトウェアをダウンロードします。

https://reference.digilentinc.com/reference/software/adept/start?redirect=1#software_downloads

右側のメニューからRuntimeとUtilitiesの64-bitか32-bitの自分の環境にあったファイルをダウンロードします。Ubuntuの場合はdebの方です。

debファイルなので、Ubuntuソフトウェアセンターで簡単にインストールすることができます。

使用方法

はじめにPCに接続されたFPGAボートの一覧を取得します。
ボードをPCに接続し電源を入れ、端末から次のコマンドを実行します。

djtgcfg enum

すると、ボードの一覧が表示されます。今回はBasys2がPCに接続してあります。

Found 1 device(s)

Device: Basys2
    Product Name:   Digilent Basys2-100
    User Name:      Basys2
    Serial Number:  210155664283

次にイニシャライズをします。イニシャライズは次のコマンドで行います。
-dオプションでイニシャライズするデバイスを選択します。

djtgcfg init -d Basys2

すると、ボードに搭載されているFPGAやコンフィグレーションROMの一覧が表示されます。

Initializing scan chain...
Found Device ID: d5045093
Found Device ID: 11c10093

Found 2 device(s):
    Device 0: XC3S100E
    Device 1: XCF02S

デバイスのIDがわかったらコンフィグレーションです。
-dでボードの選択、-iでデバイスの選択、-fで書き込むファイルを選択します。

djtgcfg prog -d Basys2 -i 0 -f HOGE.bit

書き込んでいいかと聞かれるので、yを選択するとコンフィグレーションが始まります。

カテゴリー: FPGA パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です