OpenCV3.2+contribをUbuntuにインストールする

OpenCV3.2とcontribをUbuntu14.04にインストールする方法をまとめます。

contribとはOpenCVの拡張機能でSIFTやSURF何かを使うために必要です。
そこで、今回はOpenCVと一緒にこれもインストールしたいと思います。

1.必要なソフトウェアのインストール

はじめにOpenCVに必要なソフトをインストールします。どれもapt-getでインストールすることができます。

sudo apt-get update
sudo apt-get install build-essential
sudo apt-get install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev
sudo apt-get install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libjasper-dev libdc1394-22-dev

2.OpenCVとcontribのソースコードを入手

OpenCVとcontribのノースコードをgitで入手します。

git clone https://github.com/Itseez/opencv.git
git clone https://github.com/Itseez/opencv_contrib.git

3.ビルド&インストール

ソースコードが入手できたらビルドします。

cd ~/opencv
mkdir build
cd build

contribをインストールするためにcmakeでcontribをダウンロードしたディレクトリを指定します。

cmake -D CMAKE_BUILD_TYPE=Release -D CMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local -D OPENCV_EXTRA_MODULES_PATH=~/opencv_contrib/modules ..
make -j4
sudo make install

4.バージョン確認

pythonで次のように実行してください。インストールが行われていればOpenCVのバージョンが表示されます。

import cv2
print cv2.__version__
カテゴリー: OpenCV, Ubuntu, ソフトウェア パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です