Ubuntu14.04にEclipse neonをインストール

Ubuntu 14.04にeclipseの最新版neonをインストールする方法をまとめます。

eclipse neonはJAVA8が必要です。もしインストールされていない場合は先にインストールしてください。
JAVAはapt-getでインストールすることができます。

sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/java
sudo apt-get update
sudo apt-get install oracle-java8-installer

screenshot-from-2016-12-04-212558

screenshot-from-2016-12-04-212632

途中、規約に関することを聞かれるので「了解」、「はい」を選択してください。

ヴァージョンを確認して、1.8になっていたらOKです。

java -version

それではeclipseのインストールをはじめます。
まず、eclipse公式サイトのダウンロードページより最新版のインストーラをダウンロードします。

ダウンロードページ

tar.gz形式で圧縮されているので解凍します。

tar xzvf eclipse-inst-linux64.tar.gz

解凍したら、中にeclipse-instがあるので実行します

cd eclipse-installer
./eclipse-inst

eclipse-instを実行すると、インストールするパッケージを聞かれるので必要なものを選びましょう。
今回、自分は、Eclipse IDE for C/C++ Developersをインストールします。

screenshot-from-2016-12-04-213723

インストール先のディレクトリを聞かれるので選択して「INSTALL」をクリックするとインストールが始まります。
screenshot-from-2016-12-04-213802

インストールが終わったので必要ならばPATHを通しましょう。
.bashrcに以下の一行を追加してください。また、インストール先に応じて変更してください。

PATH=$HOME/eclipse/cpp-neon/eclipse:$PATH

設定を反映させた後、eclipseで起動することができます。

source ~/.bashrc
eclipse
カテゴリー: Ubuntu, ソフトウェア パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です